こんにちは。 最近、どこがどうというわけでもないけれど、調子がよくない、理由ははっきりしないけれどぐっすり眠れない、そんな方が多く当院にいらっしゃっています。  

原因は、一つではないでしょうし、人それぞれではあるのですが、どうも共通した原因がありそうで、いろいろと検討してみました。

そこで、一つ思いついたのが、「ここ数か月の天候不良」です。

当院は札幌市にあるので、あくまで周辺地域のことに限られてしまいますが、急に気温が上昇したかと思えば、一か月以上前の平均気温にも満たないような低い気温になったり、もともと梅雨のない地域なのに梅雨を思わせるような天候が続いて、十分な日照時間がなかったり、湿度の高い日が続いています。

これが、自律神経に負担をかけてしまっているのでは?と思うのです。

自律神経は周囲の状況に合わせて働いています。

天候の不順が、いつも以上に自律神経に負担をかけてしまって、余力が少なくなっているためにちょっとしたことが原因で自律神経のバランスを崩してしまうことにつながっているのではないかと思います。

東洋医学でも季節はずれの気候は、人体に悪影響を与えやすいとされています。

食事に気をつけたり、就寝前のスマホを控えたり、ヨガなどをしたりしていつも以上に自律神経のバランスを大切にするのがいいかもしれません。

すでに症状が辛かったり、症状は軽いけど毎日ケアするのは難しいといった方には、はりやおきゅうがお役に立ちます。

ご相談くださいね。

お問い合わせはこちら↓